住宅ローン滞納後の流れ

今住宅ローンを滞納している方、今後滞納する可能性が0%ではない方へ。

住宅ローンを滞納し、この状態が継続すると、金融機関は必ず裁判所に競売開始の申し立てを行います。
こうなってしまうと、本当は売却できる家も売却できなくなってしまいます。
そうなる前に対処が必要です!

滞納してから差押えまでの期間について

住宅ローンを滞納してしまうと、1ヶ月目で「督促状」が届き、それを放置していると、金融機関によっては、早ければ2~3ヶ月目、遅くとも6ヶ月程で自宅が差し押さえられて競売の手続きに入ってしまいます。
また、差押えにならなくても、2回程滞納した時点で「個人信用情報機関」に支払いの事故情報が記載されてしまいます(いわゆるブラックリストに載ってしまいます)。
6ヶ月程度までなら差し押さえられないと考えて安心だけは絶対にしないでください。6ヶ月の滞納となればその時点で滞納分の返済も大変な額となってしまい支払いが難しくなってしまいます。そのような状況、また差押えや競売の手続きが進めば進むほど任意売却債務整理などの対処方法の選択肢が狭くなってしまいます。

支払いが滞り始め、何か対処が必要だと感じた時点で、早めに専門家に相談してください。

住宅ローン滞納後の流れや金融機関の反応・対応を詳しく説明いたします。
滞納1ヶ月目
住宅ローンは毎月〇日と、返済日が定められていますが、この返済日に住宅ローンが返済できないと金融機関からの督促を受けることになります。
手段は様々ですが、支払い催促の電話や、「返済のお願い」等という督促状が届きます。
督促状とは住宅ローンの返済を求める要求の強い請求書となります。金融機関によっては、同じ内容の督促状が再度送られてきたり、改めて「最終督促状」が送られてきたりする場合もあります。住宅ローン等の滞納が続いた場合に、金融機関が競売申立て等の権利を行使するための前提となる書類です。
滞納2ヶ月目
住宅ローン滞納が継続すると、信用情報機関に延滞情報が記録されてしまいますので、新たな借入やクレジットカードの発行等が難しくなってきます。
(三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行屋りそな銀行等の都市銀行で住宅ローンを借りられている方は、手続きが早いため、この時点で競売を申し立てられる場合もあります。)
滞納3~5ヶ月目

そのまま住宅ローン滞納を放置していると、催告書が送られてきます。催告書の書式は、借入先の金融機関により異なりますが、内容は指定された期日までに滞納分を一括で返済しない場合は法的手続きを取るという内容のものです。催告書は競売に向けた銀行や信用金庫からの最後通告でもあります。文面も督促状よりも厳しい表現が使われるようになり、内容証明郵便によって届けられる場合もあります。またこの際に、債権(借入金)は、住宅ローンを借りた金融機関から保証会社へ移行してしまいます。

滞納6ヶ月目
住宅ローン等の滞納が続き、「催告書」や「督促状」が届いても対処せずにしておくと、金融機関から「期限の利益の喪失」に関する予告書や通知書が送られてきます。
住宅ローン等、金融機関からお金を借りる際、金銭消費貸借契約(通称「金消契約」)という契約を結びます。この契約には、「借りたお金を決められた期日ごとに分割して返済ができる」ことが明記されています。このローンを分割して返済できることを「期限の利益」と言います。しかし、ローン返済を滞納してしまうと契約違反となり、この「期限の利益」を喪失し、残りの借金を一括で返済する必要があります。
期限の利益喪失の予告通知が届いたら、定められた〇月〇日までに、住宅ローンの残債を一括して支払うよう書類が届きます。しかし、時には何千万円にもなるお金を短期間で用意することが現実的ではありません。そのため、金消契約をした際に同時に契約した保証会社が、債務者に代わり、金融機関に一括で返済します。(これを代位弁済といいます)
この後、保証会社ではなく、債権回収会社(サービサーとも言います)が窓口になることもあります。
滞納7ヶ月目以降

この段階にきて、「滞納している分をまとめて払うから」と金融機関に相談しても残念ながら相手にしてもらえません。
さらに何もせず放置していると、金融機関から裁判所に申し立てがなされ、競売の手続が進められてしまいます。競売になると、最終的には裁判所から強制的に家を追い出されてしまいます。

このように競売、そして強制退去になる前にできる事がたくさんあります!!
※まず「2つの選択肢」をご覧ください。

住宅ローン滞納のお悩みを解決するために

このように、住宅ローンを滞納すると、債権が金融機関から保証会社へ移り、そして債権回収会社へと、段階的に移行しているのがわかると思います。
これらをまとめて債権者と呼びますが、彼らは住宅ローン不良債権を粛々と競売にかけるよう、手続きを進めていくようになっています。

また、住宅ローンの延滞を放置してしまうと、利息や遅延損害金がかさみ、通常は支払わなくてよい費用まで払わなくてはなりません。

このような状況になる前に、早期ご相談が解決のカギです。ぜひお気軽にお電話くださいませ。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098