破産をお考えの方へ

自己破産には「同時廃止」と「管財事件」があります。

同時廃止

破産申立人の財産が少なく、破産管財人を選んで財産を換価しても、破産手続を進めていく上で必要な費用を払うことができない、また配分のための費用も出ないと予想される場合に、裁判所が破産手続を開始する決定をしても、破産管財人を選任せず、直ちにその手続を終わらせる決定をすることです。

管財事件

一定の財産を持つ人が自己破産する場合は、管財事件となり、破産開始決定と同時に裁判所が破産管財人を選任します。
破産管財人は、破産者の財産を調査・換価(債務者の財産を他人に売ったりするなどして金銭に換えた上で処分すること)して、各債権者に債権額に応じて分配します。
※破産管財人は、あくまで公平に財産を配分する役割を担っているのであって、破産者の味方ではありません。

「同時廃止」の場合は、自宅を自分の意志で売却することができます!

同時廃止」では、ご自宅を自分の意志で売却することができます。
既に弁護士または司法書士の先生にご相談されている方も多くいらっしゃると思いますが、弁護士や司法書士に依頼すると相応の費用がかかります。さらに、彼らはあくまで法律の専門家であり、不動産のプロではありません。中には、任意売却に否定的な先生もいらっしゃいます。
また、時間が経ってしまうと、不動産の抵当権者から競売を申し立てられ、不利な状況に陥ってしまうこともありますので、ご注意ください。

  • 早急な売却をご希望の方は当センターで買取りいたします。

    お急ぎの方は弊社が買取り致します。当センターの買取なら「高く」「早く」「確実に」売却することができます。詳しくはお問い合わせよりご連絡ください。

  • 破産の場合でも当センターで任意売却のお手伝いをいたします。

    破産の場合でも、当センターが弁護士や司法書士の先生と協力して、 ご自宅を売却し、ご相談者様の有利になるように進めていくことができます。
    実勢価格に近い金額で売れる可能性がある、引越費用などを手元に残せる、税金などの滞納額を不動産売却代金から支払える可能性もあるなどメリットが多いので、破産だからと言ってあきらめずにご相談ください。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098