自宅を手放したくない方へ

せっかく購入したマイホーム、住宅ローンの支払いが厳しくなったからと言って簡単に売ってしまおうという気持ちにはなれないと思います。
しかし、支払いが滞ればいずれ差押えとなり競売にかけられ市場価格より安い金額で売られ、強制退去という最悪の事態になってしまいます。
そうならないためにも、正しい対処をして最悪の事態を回避しましょう。
2つの選択肢でも説明しましたが、住宅ローンの支払いが難しい場合は下記のどちらかを選ぶしかありません。

その中でも、「自宅を手放したくない方」ができる手段がありますので、どちらがご自身に適しているかご参照ください。

任意売却でそのまま住み続けられるプランがあります

任意売却というと、売却するので自宅を手放さなければならないと思いがちですが、手放さずにそのまま住み続けることができる方法があります。
買主の協力により、リースバックもしくは買戻しすることが可能です。

リースバックプラン

リースバックとは、買主の協力を得て、ご自身が賃貸物件として家賃を支払う約束を交わし、売却するシステムです。もちろん家賃を支払う契約ですので、家賃を支払う限り、そのまま今までと同様住み続けることが可能です。
将来的には契約終了後に買い戻すことも可能です。売却しても今の家に住み続けたい方にオススメの方法です。詳しくは「家を売却しても住み続ける方法」をご覧ください。

買戻しプラン

買戻しプランとは、援助してくれるご家族・知人がいる方へご提案しているプランです。
お家は一旦当センターが買取、もしくは買い戻し特約付きで第三者に売却し、援助してくれる家族や知人の協力を得て再度住宅を購入してもらうことが可能です。住宅を売却した後は、家賃を買主に支払いながら、一定期間経過後、ご家族もしくは知人に買戻し人となってもらいます。その後は買戻し人にローンを返済していくといった流れです。

個人再生

個人再生は、法的手続きに当たります。
このままでは住宅ローンの支払いができなくなった場合で住宅を手放したくない場合、「個人再生」という方法を選択される方も多いです。この方法では、持ち家とその住宅ローンはそのままで他の借金を整理する事ができます。つまり、個人再生で行う債務整理によって住宅ローン以外の債務の返済額を減らすことができ、また、当初の契約通りの住宅ローン返済が難しい場合は、返済期間や返済方法を変更することができ、支払いが楽になります。自己破産とは違って住宅を手放す必要もありません
いいことばかりのように見えますが、デメリットもあります。

  • 費用が高額
    手続きがとても複雑で、弁護士や司法書士といった法律家に依頼する必要があります。その費用が他の手続きに比べて高くなっています。加えて、裁判所に支払う費用が比較的高額になる場合があります。
  • 返済義務が残る
    個人再生によって債務が整理されると「住宅ローンを除く借金の総額の1/5または100万円、いずれか多い額」を3年間で返済する事ができれば残りの借金は免除される、ということになります。これで支払いは楽になるものの、いろいろな事情により支払いができない場合は手続きが無効となる危険があります。
    住宅ローンの返済額は減額されると勘違いしがちですが、個人再生では住宅ローンは減額になることはありません。
また、個人再生を申し立てるには、次の条件を満たしている必要があります。

  • 破産に準ずる経済状態にあること
  • 住宅ローンを除く借金額が5,000万円以下であること
  • 将来継続的に又は反復して収入を得る見込みがあること

リスケジュール(別名 リスケ)

住宅ローンなどの融資を行っている金融機関が、住宅所有者から要請を受けて、既存の住宅ローン返済計画を見直すことです。
具体的には、返済額を減額し、据え置き期間を導入することによって、月々の返済額を減らし、債務返済の繰り延べを行うことができます。
リスケには2パターンの返済方法があります。

  • ある一定期間、金利のみを支払うことにより住宅ローン返済額を減額すること。
  • 住宅ローンの返済期間を延長し、同じく返済額を減額することができます。

どちらも期間が限定されているため、期間終了後は元の返済額と同様もしくは返済額が高くなる可能性がありますので、お気を付け下さい。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

任意売却民事再生民事再生リースバック買戻しリスケジュール

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098