連帯債務者

「連帯債務者」を言葉どおりに読み解くと、連帯して債務を負っている者ということです。連帯して債務を負うということは、それぞれが、同一の債務について同じように責任を負うということです。

例えば、夫婦が3,000万円の住宅ローンを連帯債務で借りるケースなら、夫婦それぞれが借入れ先に対して、3,000万円全額についての責任を負うことになります。もちろん、二人で按分関係なく3,000万円全額を返済すれば債務はなくなります。

また本人と共に債務を負う「連帯債務者」は、いつでも金融機関から返済請求を受ける可能性があります。また、それぞれの負担割合に見合った住宅ローン控除を受けることも可能です。

※住宅ローンを借りるとき収入合算を行うケースがあります。合算者は「連帯債務者」、もしくは「連帯保証人」となるかどちらか。「連帯債務者」と「連帯保証人」の違いはとても重要ですので、住宅ローンを組む前にどちらに属するのか確認しておくのが必須です。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098