売ってローンをなくしたい方へ

住宅ローンを滞納し、先々のも支払いが困難になってしまったので、住宅ローンをなくしてやり直したいと考える方も多いかと思います。

しかし、競売となってしまい自宅を売却からといって住宅ローンがなくなる訳ではありません。競売では市場価格よりもかなり安く売られてしまうため、多くの住宅ローンが残ってしまいます。その場合、落札されて所有権が落札者に移った時点で、抵当権者から「月々○万円支払ってください」という通知が届くことになります。

競売を避けて任意売却で処理すれば、競売より高く市場価格に近い金額で売却できるので、競売よりも多く返済することができます。そのほか、任意売却では専門家が債権者と交渉をするので支払いなどさまざまな融通が利くなど多くのメリットがあります。(詳しくは「任意売却のメリット・デメリット」をご覧ください。)そのほか、当センターでは、法律の専門家との協力で個々のケースにもっとも適したプランを提供いたします。

無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098