保証人

債務者が債務を履行しない場合に備えて、他の者(保証人)がその債務を履行する責任を負うことを保証といい、保証人の負う債務のことを保証債務といいます。

住宅ローンを借りる場合、保証人が必要となる場合が多いのが現状です。
しかし、保証人になってくれる人はなかなかいないため、保証料を支払うことにより、保証会社が入り住宅ローン債務を保証してくれる制度があります。(※フラット35の場合、保証人は必要ありません。)

【保証会社などが保証人となる制度の特徴】
保証会社により、また、融資内容や融資金額により保証料が異なります。
万が一、債務の履行がない場合に、金融機関は債務者に返済を求める代わりに、保証会社などに請求し、代金の弁済(代位弁済)を受けます。
これにより、債務者は金融機関ではなく保証会社へ返済の義務が生じます。保証会社の代位弁済により債務が消滅したということではありませんのでご注意ください。

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098