滞納した場合の新たなローン審査

住宅ローン滞納を継続してしまうと、「信用情報機関」に延滞情報が記録されてしまいますので、新たな借入の審査は難しくなってきます。
この「信用情報機関」とは、消費者ローンに関する個人の属性・契約内容・支払状況・残債額などの信用情報を加盟会員の会社などから収集し、クレジットカード会社からの照会に応じて情報を提供しています。滞納・延滞が発生すると、この機関に事故情報が記載されます。このことが、いわゆる「ブラックリストに載る」ということになります。こうなると、その人物は信用ができないとされてしまい、カードローンなどの審査が通ることは難しくなります。
住宅ローンは滞納2~3ヶ月もすれば「ブラックリストに載る」ことになるのですが、それ以上に住宅ローンの滞納は最悪の事態を招いてしまいます。

住宅ローンの滞納は信用情報に傷がつくだけではなく…

滞納したまま放っておくと、大切なご自宅が強制的に競売にかけられ手放すことになり、市場価格よりもかなり安い金額で叩き売られてしまうことになります。(詳しい滞納後の流れは「滞納するとどうなる?」をご覧ください。)競売になってしまうと取り下げることが難しくなってしまうので、早めに専門家と相談し、適切な対処をしましょう。

支払いが可能であれば一刻も早く支払いを終えましょう。それが困難な場合や、支払ったもののその後の支払いが不安な場合は、債務整理による対策によって返済額を減らすなどの方法や任意売却(詳しくは「任意売却とは」をご覧ください。)によって競売を回避する方法があります。

当サポートセンターでは、2つの選択肢をご提案し、専門家の無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせからご相談ください。専門家と状況やご希望に合わせた最善の対処を見つけましょう。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098