任意整理

債務整理の中で最も利用される機会の多い手続きで、裁判所などの公的機関を通さず、弁護士や司法書士などがあいだに入り債権者と借金の減額・利息のカットなどの返済方法の交渉をし、和解を目指す手続きのことをいいます。言葉の通り任意ですので、債権者には交渉に応じる義務がありません。

整理後、残りの債務を通常3年~5年ほどで分割払いをして完済してくことになるので、この先ある程度の収入が見込めることが条件になります。

任意整理の例:利息制限法をもとに利息の引き直しを行う

利息制限法を越える金利でお金を借りている場合、上限金利以上のものを支払っていた借金を計算しなおすことで、借金の残りを減らすことができます。このことを「利息の引き直し」といいます。

利息制限法で定められた金利

10万未満 10万以上

100万未満
100万以上
年20% 年18% 年15%

任意整理をした結果、過払い金が大きくなると借金がなくなる場合や、払っていたお金を取り戻すことができる例もあるようです。

任意整理のメリット・デメリット

メリット

  • 裁判所を使わないですむ。
  • 一部の債権者を選んで債務整理できる。
  • 官報や破産者名簿に載らない。 …など

デメリット

  • 任意整理をしたことが、5~7年間信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に載ってしまう。
  • 借金が免責にならない。(和解条件に沿った返済をしなければならない)
  • 整理後に返済できない状態に陥ると自己破産になる。
  • 債権者によっては和解が成立しない場合もある。 …など

任意整理を選ぶ基準例

  • 利息を引きなおせば大幅な減額が見込る。
  • 裁判所に行くことが不可能
  • 支払い方法など交渉をすることで完済できる見込みがある。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098