競売費用

競売費用は、競売を申し立てる地方裁判所によりまちまちですが、結論から言うと大阪地方裁判所は約100万円程費用がかかります。

そのしくみとは・・・債務者が債務を履行しない場合には、最終的には強制執行により債権回収を図ることになります。強制執行の方法は様々ですが、抵当権等の担保権を有している場合や不動産を所有する債務者に対する勝訴判決が確定した場合、不動産を競売にかけることを検討することになります。
この場合、裁判所に納付する印紙代が通常4,000円、差押登記をするための登録免許税として請求額の0.4%の金額が必要になります。
これだけでも、少なくない金額にはなりますが、さらに予納金として50万円~100万円程度のお金を裁判所に納付する必要があります(この金額も裁判所によって運用が異なります)

しかもこの競売費用は、競売を申し立てられた債務者の債務として、住宅ローンの残高に上乗せされて今後請求されることになります。
ゆえに競売を申し立てられてしまうと、債務者にとってとても不利益になるということです。
競売を申し立てられる前に、ぜひご相談いただくことをお勧めします。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098