特定調停

特定調停とは、借金をしてしまい「支払い不能に陥るおそれのある債務者の経済的再生」のために、簡易裁判所の調停委員が債務者と債権者の間にたって、借金額や支払方法の変更について交渉する方法です。任意整理との違いは主に裁判所が間に入って整理を行う点です。
利息制限法に基づいて債務を引き直し、これを3年~5年程度で分割払いで返済していくことになります。

特定調停のメリット・デメリット

メリット

  • 手続きが比較的簡単で、費用も安め。弁護士や司法書士に頼まなくてもやりやすい。
  • 特定調停を申し立てた時点で業者は支払いの督促ができなくなる。
  • 利息の引き直し計算で債務が減額され、将来の利息をカットできる。
  • 強制執行や給与差し押さえ等の民事執行を停止させることができる。
  • 免責不許可事由が大きく、破産できない債務者でも利用可能。
  • 不動産等の財産を失わずに済む。

 …など

デメリット

  • 利息制限法による引き直し以上の債権額減額ができない。
  • 借金が免責にならない。(和解条件に沿った返済をしなければならない)
  • 調停が成立後、内容に違反すると不動産や給料などの差し押さえなどの強制執行される恐れがある。

…など

特定調停を選ぶ基準例

  • サラ金等からの借金しており、長期間にわたる(利息制限法で大幅に減額できる可能性あり)
  • 借金総額がそう多くない。
  • 安定した収入があり、返済が見込める状況にある。
  • 不動産を手放したくない。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098