代位弁済

代位弁済とは、保証会社が住宅ローンを支払えなくなった債務者に代わって、金融機関にその借入残金を返済することです。

代位とは、

  • 他人に代わって、その位置に着くこと。
  • 法律上、一定の出損をした者が、その利益受けた者の有した権利を取得して、その地位に代わることです。

弁済とは、

  • 債務を弁償すること。
  • 債務を履行して債権を消滅させること。
  • 第三者が債務者に代わって弁償することです。

代位弁済に至る前に、期限の利益の喪失という通知が届きます。
この時までに、金融機関とリスケジュール等の話し合いをすることが可能ですが、この保証会社から代位弁済の通知が届いてしまうと、その後の展開は限られてしまいます。

  • 自宅を売る場合も売らない場合も、借入金を一括返済で払う。
  • 自宅を売却して、足らず分は自己資金で返済する。
  • 任意売却債権者と交渉しながら自宅を売却する。
  • 競売で自宅を処分する。

このように住宅ローンを滞納した場合は、残りの債権(住宅ローン)は当初借り入れた金融機関の手元を離れ、その後保証会社へ移行し、最終は債権回収会社(サービサー)(サービサー)へ段階的に移行していきます。
この間に、任意売却することが可能ですが、最終手段である、競売にだけはならない様、早急にご相談・ご対応されることをお勧め致します。

住宅ローンお支払いトラブルに関する専門用語

  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローン離婚トラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098